for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB、インフレ対応に一段の利上げ必要=NY連銀総裁

[バッファロー(米ニューヨーク州) 7日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は7日、インフレを引き下げ、経済活動をより持続可能な形に均衡させるために、連邦準備理事会(FRB)には為すべきことが多く残されているとの考えを示した。

ウィリアムズ総裁はニューヨーク州バッファローで開かれた会合で、金利をさらに上げ、経済を制約する金融政策スタンスを作る必要があると述べた。

ただ、11月1─2日の次回連邦公開市場委員会(FOMC)でどのような決定を行うのが望ましいと自身が考えているかについては明らかにしなかった。

物価情勢については、高インフレは世界的な問題との認識を示しながらも、米国のインフレ率は極めて高い水準にあり、必要な水準に戻すまでにまだ長い道のりが残されているとの考えを示した。

また、経済は幾分か減速していると指摘。住宅市場は緩やかになってきているとしたほか、労働市場も減速する可能性があるとの認識を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up