for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイナス金利は負の影響、今は採用すべきでない=NY連銀総裁

米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は21日、マイナス金利政策は米経済に負の影響をもたらす恐れがあるとし、現時点で連邦準備理事会(FRB)が採用すべき政策措置ではないとの見解を示した。昨年11月撮影(2020年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は21日、マイナス金利政策は米経済に負の影響をもたらす恐れがあるとし、現時点で連邦準備理事会(FRB)が採用すべき政策措置ではないとの見解を示した。

ウィリアムズ総裁は、マイナス金利政策について「FRBは極めて慎重に精査した」とし、「現時点で採用すべき適切な政策措置ではないとの結論に至った」と述べた。

また、FRBが目標に掲げる完全雇用と物価安定の実現に向け経済が軌道に戻ったと確信できるまで、利上げは実施されないと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up