Reuters logo
先月の米利上げ適切、数年で正常化=サンフランシスコ連銀総裁
2016年1月29日 / 23:54 / 2年前

先月の米利上げ適切、数年で正常化=サンフランシスコ連銀総裁

[サンフランシスコ 29日 ロイター] - 米サンフランシスコ(SF)地区連銀のウィリアムズ総裁は29日、連邦準備理事会(FRB)が今後数年で、金利を正常な水準とされる3─3.5%に引き上げる軌道に乗っているとの見解を示した。

 1月29日、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、今後数年で金利を正常な水準に引き上げる軌道に乗っているとの見解を示した。写真はサンフランシスコで昨年12月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

ウィリアムズ総裁は、労働市場の改善を踏まえ、昨年12月の利上げ実施は適切な決定だったと言明。明確な利上げ時期は指標次第としつつも、追加利上げは緩やかなペースとなることが「理にかなっている」と語った。

米内需は堅調で、低調な輸出や製造業を補っているとも指摘した。

日本や欧州、中国の景気減速を懸念しているとしつつも、米経済は「堅調に推移」しており、こうした向かい風を乗り切ると楽観視していると語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below