October 14, 2013 / 6:09 PM / 6 years ago

米上院指導部の財政協議、デフォルト回避に向け進展の兆し=オバマ大統領

[ワシントン 14日 ロイター] - オバマ米大統領は14日、財政問題の打開に向けた上院指導部による協議は進展したもようとしつつも、共和党が党派的な懸案に執着するようであれば、米国がデフォルト(債務不履行)に陥る可能性は依然高いとの見解を示した。

オバマ大統領は午後3時(日本時間15日午前4時)から議会指導部との協議を行う。

大統領は政府機関の再開およびデフォルト回避に向けた協議が実際に進展しているかどうかが、同協議で明らかになるとし、「協調の精神が向こう数時間中にわれわれを前進させることを期待している」と語った。

同時に、週内に上下両院で真の進展がなく、共和党が党派的な一部の懸案を退ける意志がなければ、「米国はかなりの確率でデフォルトに陥るだろう」とけん制した。

政府が支払い義務を確実に果たすための合意が今週中にまとまらなければ、米国のデフォルトにより金利が急上昇し、経済に深刻な打撃を及ぶことになると警鐘を鳴らした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below