March 7, 2019 / 3:19 AM / 7 months ago

フォーブス誌長者番付でトランプ氏躍進、他の富豪が資産減少

 3月6日、米経済誌フォーブスが5日発表した2019年版の世界長者番付で、トランプ米大統領が、過去1年間の資産が横ばいだったにもかかわらず、番付の順位を51上げた。他の富豪が資産減少に苦しんだためという。写真は5日、ホワイトハウスで撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米経済誌フォーブスが5日発表した2019年版の世界長者番付で、トランプ米大統領が、過去1年間の資産が横ばいだったにもかかわらず、番付の順位を51上げた。他の富豪が資産減少に苦しんだためという。

フォーブスのアシスタント・マネジングエディター、ルイサ・クロール氏によると、トランプ大統領の純資産は31億ドル(約3460億円)で昨年から横ばいだったが、順位は2153人中715位となった。

クロール氏はロイターに、「多くの富豪が順位を落としたため、(トランプ氏は)順位を上げることができた」と述べた。

番付1位は引き続き米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)で、純資産は1310億ドル。ただクロール氏は、ベゾス氏はアマゾンの元経理担当である妻のマッケンジーさんと離婚し、ワシントン州法に基づいてベゾス氏が持つ同社株式の半分が妻に分与される可能性があることから、ベゾス氏が1位となるのはこれが最後となるかもしれないと指摘。「そうなれば、ベゾス氏はトップの座を譲り、またマッケンジーさんは女性として世界一の富豪になる」と述べた。

*本文中の誤字を修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below