September 17, 2019 / 2:15 PM / in a month

米ガソリン価格、今後数日で一段高の見通し サウジ攻撃が影響

[17日 ロイター] - 全米自動車協会(AAA)によると、米国内のガソリン小売価格が17日上昇した。サウジアラビア東部にある国営石油会社サウジアラムコの石油施設が14日攻撃されたことを受け、米原油先物相場が前日約15%、米ガソリン先物が約13%急騰したことを受けた動き。

17日の米ガソリン小売価格の平均は0.03ドル上昇の1ガロン=2.59ドル。アナリストは今後数日で約0.15─0.30ドル上昇すると予想する。とりわけ、サウジからの原油輸入が約半分を占める米西海岸での影響が大きくなる見通し。

ガソリン小売価格が3ドル近辺に上昇すれば懸念材料となるものの、経済活動に大きな影響が及ぶ公算は小さいという。

AAAの広報は「ガソリン価格高が短期的もしくは長期的なトレンドになるかどうかは原油価格動向に左右され、サウジの石油施設の生産がどの程度迅速に正常化するかにかかっている」と述べた。

アラムコによると、14日の攻撃によってサウジの石油生産は日量570万バレル減少する見通し。これは世界の石油供給の5%超に相当する規模。

17日午前の取引では、原油とガソリン先物相場は大半の限月が下落している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below