April 27, 2018 / 9:00 PM / 5 months ago

トランプ米大統領とメルケル独首相が会談、通商巡る溝埋まらず

[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領とドイツのメルケル首相が27日、ホワイトハウスで会談したが、通商を巡る意見の相違は埋められなかった。

米国の鉄鋼・アルミニウム輸入関税が欧州連合(EU)に適用されれば、欧州の輸出にも大きな影響を与える。

メルケル氏は共同記者会見で、互いに見解を話し合ったとした上で、関税適用は「大統領が決めること」と述べた。一方、トランプ氏は米欧間の貿易不均衡に不満を示し、とりわけ自動車分野が問題だと指摘した。

また、メルケル氏はEUと米国の二国間通商交渉は可能だと指摘。トランプ氏はドイツや他の欧州諸国との「互恵的な」通商関係を求めているとしたほか、ドイツなどに北大西洋条約機構(NATO)への拠出を増やすよう求めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below