for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米医療保険制度管轄のトップ候補、医薬企業の後発品巡る分類に懸念

 2月16日、トランプ米大統領が医療保険制度を管轄する「メディケア・メディケイド・サービスセンター」所長に指名したシーマ・ベルマ氏は、上院財政委員会の指名承認公聴会で、医薬品企業が製品をジェネリックかブランド薬かに分類する方法について、政府支出を引き下げるために見直す必要があるとの考えを示した。リュブリャナで2013年9月撮影(2017年 ロイター/Srdjan Zivulovic)

[ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領が医療保険制度を管轄する「メディケア・メディケイド・サービスセンター」所長に指名したシーマ・ベルマ氏は16日、上院財政委員会の指名承認公聴会で、医薬品企業が製品をジェネリック(後発薬)かブランド薬かに分類する方法について、政府支出を引き下げるために見直す必要があるとの考えを示した。

急性アレルギー反応の応急措置に使われる米マイランMYL.Oの「エピペン」に関して言及した。

マイランはエピペンをメディケイド(低所得者向け医療保険制度)向けに安価なジェネリック品として登録する一方、食品医薬品局(FDA)には高価なブランド品と登録し批判を浴びている。

ベルマ氏は「エピペンの問題で起きたことは非常に憂慮すべきだ」と指摘。「ブランド品かジェネリックかという分類の観点から見直したい」と述べた。

また、政府が企業側と薬価について交渉すべきかとの質問には答えなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up