Reuters logo
オバマケア改廃法案、米経済に多大な悪影響も=S&P
2017年9月26日 / 01:27 / 25日前

オバマケア改廃法案、米経済に多大な悪影響も=S&P

[25日 ロイター] - 米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは25日、米議会で現在審議中の医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案について、米経済や医療保険会社・機関に悪影響を及ぼす可能性があるとするリポートを発表した。

リポートは、グラム・カシディ・ヘラー・ジョンソン(GCHJ)法案が成立すれば、2027年までに58万人の雇用が失われ、2400億ドル相当の経済損失が生じると試算。また、保険市場の規制などに関する州政府間の格差が拡大する可能性があると指摘している。

新たな法案は、メディケイド(低所得者向け公的医療保険)向け連邦予算などについて、州政府に包括的補助金の形で資金を分配することが柱となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below