September 25, 2019 / 12:13 AM / 2 months ago

米下院委員会、ファーウェイ機器交換支援へ10億ドルの法案

 米下院エネルギー・商業委員会の超党派有力議員らは今週、国家安全保障上のリスクが懸念されている中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)]や中興通訊(ZTE)などの通信機器を交換するため、小規模・地方通信業者に10億ドル規模の支援を提供する超党派の法案を提出した。写真はベルリンで開かれた国際コンシューマーエレクトロニクス展。9月6撮影(2019年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米下院エネルギー・商業委員会の超党派有力議員らは、国家安全保障上のリスクが懸念されている中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]や中興通訊(ZTE)(000063.SZ)などの通信機器を交換するため、小規模・地方通信業者に10億ドル規模の支援を提供する超党派の法案を今週提出した。

共同声明で、法案は「疑わしい通信機器を排除し、より安全な機器に交換する小規模・地方通信業者の作業を支援することで、海外の敵から米国の通信網」を保護するものだとしている。

同委員会は、この法案に関する公聴会を27日に開く予定。

ファーウェイからのコメントは、現時点で得られていない。

今回の法案は、上院商業委員会が7月に承認した、ファーウェイ製機器の交換支援に向けた約7億ドル規模の法案と類似している。

関係筋が6月にロイターに明らかにしたところによると、ファーウェイやZTEの安価な通信機器への依存度が高い十数社の米地方通信業者が、機器の交換に向けて、同業大手スウェーデンのエリクソン(ERICb.ST)やフィンランドのノキア(NOKIA.HE)と協議を進めている。[nL4N23W3CF]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below