for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国がアップルに報復すれば反対する─ファーウェイCEO=通信社

 5月26日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者で最高経営責任者の任正非氏(写真)は、トランプ米政権が国内企業に同社との取引を禁止するなか、中国政府が米アップルに報復措置を講じることはないと指摘し、もしそうなったとしても反対するとの考えを示した。写真は2013年10月に深圳市で撮影(2019年 ロイター/Bobby Yip)

[26日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の創業者で最高経営責任者(CEO)の任正非氏は、トランプ米政権が国内企業に同社との取引を禁止するなか、中国政府が米アップルAAPL.Oに報復措置を講じることはないと指摘し、もしそうなったとしても反対するとの考えを示した。ブルームバーグとのインタビューで語った。

中国国内でアップルへの報復措置を求める声が一部で広がっていることについて質問された際にCEOは、中国政府がそのような動きに出れば「抗議」すると表明。

「まず初めに、それ(アップルに対する中国の報復)はない。そして、もしそうなったとしても、まず最初に抗議するのは私だ」と強調した。

禁輸措置による打撃は避けられないが、スマートフォンや次世代通信規格「5G」分野で競合に対するリードを維持するため、半導体供給を拡大するか、もしくは他の策をみつけると説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up