May 17, 2019 / 2:30 AM / 3 days ago

ファーウェイ傘下ハイシリコン、米取引規制を想定し以前から準備

[上海 17日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]傘下のハイシリコンは、いずれ米国から半導体やその他の技術を入手することができなくなる「極端なシナリオ」を以前から想定し、影響を緩和するための準備をしてきたと明らかにした。

 5月17日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)傘下のハイシリコンは、いずれ米国から半導体やその他の技術を入手することができなくなる可能性を以前から想定し、影響を緩和するための準備をしてきたと明らかにした。写真はハイシリコン製の半導体。3月福建省で撮影(2019年 ロイター)

大半の製品は安定供給が可能だとしている。

ハイシリコンの社長室による書簡を中国国営メディアが17日に報じた。ファーウェイはロイターに対し、ハイシリコンのコメントであることを確認した。

ハイシリコンは主にファーウェイ製品の半導体設計を行っている。

書簡は、米政府がファーウェイへの事実上の輸出規制を決めた直後にハイシリコンの何庭波総裁が従業員に送付したもの。

書簡によると、ハイシリコンは、ファーウェイが米国から最新の半導体や技術を入手できなくなる事態に備え、数年前から秘密裏にバックアップ製品の開発を進めてきた。

これにより、大半の製品は安定供給が可能で、「戦略的な安全性」を確保できるという。

同総裁は、ファーウェイが技術の自給自足を目指すとも表明。「金庫にあるすべてのスペアタイヤ」を活用する時が来たと述べた。

ファーウェイは、すでに高価格帯のスマートフォンにハイシリコンが設計したチップセット「Kirin」を搭載している。米国のクアルコム(QCOM.O)や台湾のメディア・テック(聯発科技)(2454.TW)のチップセットも利用している。

ファーウェイの徐直軍・輪番会長は3月のロイターとのインタビューで、ハイシリコンが昨年75億ドル以上に相当する半導体を製造したことを明らかにしていた。ファーウェイが外部から調達した半導体は推定210億ドル。

ファーウェイの広報担当は、調達が禁じられた米国製部品の代わりにハイシリコンの製品を利用できる場合は利用するとコメントしたが、詳細は明らかにしなかった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below