for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファーウェイ、米の禁輸強化で事業への影響は不可避=輪番会長

[深セン 18日 ロイター] - 中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ) の郭平(グオ・ピン)輪番会長は18日、米国による禁輸措置強化で事業への影響は避けられないとの認識を示した。ただ、迅速に解決策を見出すことに自信を示した。

米国が禁輸措置強化を発表後、これが同社として初めての反応となる。

年次のアナリスト会合で、郭平輪番会長は、米国の規制に従う方針を確約するとともに、米国からの圧力に対応するため研究開発費を大幅に拡大し、在庫を積み増す考えを示した。

米商務省は15日、ファーウェイ向け輸出規則の変更を発表。すでに禁輸措置対象に指定されている同社が米国の技術やソフトを利用した半導体を間接的に取得できないようにするとした。 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up