for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-米、ロッキード製極超音速ミサイルの実験に成功

 米国防総省は13日、防衛機器大手ロッキード・マーチンの極超音速ミサイル2発の発射実験に成功したと発表した。写真は空中発射型即応兵器(ARRW)を積んだB─52H爆撃機。カリフォルニア州で5月撮影(2022年 ロイター/U.S. Air Force/Matt Williams)

(本文の脱字を補いました)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米国防総省は13日、防衛機器大手ロッキード・マーチンの極超音速ミサイル2発の発射実験に成功したと発表した。極超音速兵器を巡ってはロシアと中国が独自の開発で先行しているという懸念が高まっている。

米空軍は、12日にカリフォルニア州沖で空中発射型即応兵器(ARRW)の実験に成功したことを確認した。ロイターは先にB─52H爆撃機が同兵器を発射したと報じていた。

ロッキードは今回の実験について「ARRWが極超音速に達し、それに耐えられることが実証されたほか、今後の実験に重要なデータを収集し、航空機からの安全な切り離しが可能なことが確認された」と述べた。

空軍当局者は「これで一連のブースター実験が終了し、年内にオールアップラウンドの実験に進む準備が整った」と述べた。

オールアップラウンドにはブースターと弾頭が含まれる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up