for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イグ・ノーベル賞、「サイの安全な運び方」などが受賞

 9月9日、ユーモアがあり、かつ考えさせられる科学研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式がオンラインで行われ、サイを宙づりにして運ぶ方法が安全とする研究結果などに賞が贈られた。写真は2019年の授賞式(2021年 ロイター/Brian Snyder)

[9日 ロイター] - ユーモアがあり、かつ考えさせられる科学研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が9日、オンラインで行われ、サイを宙づりにして運ぶ方法が安全とする研究結果などに賞が贈られた。

今年の受賞者には自分で組み立てられる紙製のトロフィーのほか、風刺的な賞に合わせ10兆ジンバブエドル紙幣の偽札も授与された。

サイの安全な運び方について研究報告をまとめた一人、ロビン・ラドクリフ氏は野生動物の獣医で、その魅力について「自分の頭で考え、既成概念にとらわれないこと」と指摘。「この方法でサイを運ぶためには、天才的かつ創造的、そして時に少し狂ってないといけない」と述べた。

このほか、ひげが男性の顔をパンチから守るために進化した可能性があるという研究には平和賞が、世界中の舗道に捨てられたチューインガムに含まれるバクテリアを研究したチームにはエコロジー賞などが贈られた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up