July 4, 2018 / 2:17 AM / 4 months ago

米政府、一部の不法移民に子どもの処置で選択肢提示

 7月3日、米NBCニュースによると、トランプ政権は米国入国後に子どもと引き離されている不法移民の一部に対し、子どもと共に強制送還に応じるか、子どもを置いて出国するかの選択肢を提示している。 写真は拘留を解かれバス停から保護施設へ歩く不法移民の家族。テキサス州で撮影(2018年 ロイター/Loren Elliott)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米NBCニュースによると、トランプ政権は米国入国後に子どもと引き離されている不法移民の一部に対し、子どもと共に強制送還に応じるか、子どもを置いて出国するかの選択肢を提示している。

対象は、米政府から最後の退去命令を受けており、かつ今年米移民税関捜査局(ICE)に対して訴訟を起こしている入国者で、2つの選択肢を記した記入書類が配布されている。

配布された人の数や、難民申請を手続き中の入国者も含まれるかなどは不明。

米国自由人権協会(ACLU)は、この書類の使用停止を政府に要請した。ACLUの弁護士はロイターに、退去命令に対する係争中は子どもと一緒にいることができるという第3の選択肢が明記されるべきと述べた。

トランプ大統領が5月に不法移民を容認しない「ゼロトレランス」(不寛容)政策を導入したことから、2000人以上の子どもが親から引き離され、一部大統領側近からも反発が出ている。大統領は後に、子どもと親を引き離さず家族単位で拘束するよう指示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below