June 27, 2019 / 10:25 PM / 23 days ago

訂正:米下院、上院通過の移民対策支出法案を可決 大統領に送付

 6月27日、米議会下院は、前日に上院を通過した46億ドルの移民対策支出法案を305対102の賛成多数で可決した。写真は会見するペロシ下院議長。ワシントンで撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米議会下院は27日、前日に上院を通過した46億ドルの移民対策支出法案を305対102の賛成多数で可決した。トランプ大統領の署名を経て成立する。

メキシコ国境からの移民流入急増に対応する同法案については、下院民主党指導部が上院案に追加の移民保護措置を加えることを目指したが、ホワイトハウスや上院はそうした提案に反対していた。また、民主党の一部穏健派も修正を加えずに上院案を可決することを支持した。

ペロシ下院議長は採決前、移民対策に向けた資金を確保することが急務とし、上院案を修正する作業の中止に踏み切ったと説明していた。[nL4N23Y4EQ]

採決では民主党議員235人のうち95人(訂正)が反対票を投じた。

ペロシ氏や民主党のリベラル派が先に検討した修正案は移民収容施設の衛生基準を整備し、収容所で子供を拘束する期間の上限を3カ月と定めることなどが含まれていた。

事情に詳しい関係筋によると、ペンス副大統領はペロシ氏と電話協議し、国境沿いで収容された子供が死亡した場合は24時間以内に議会に通知することを約束。ペロシ氏が民主党議員らに修正案を断念するよう説得するのを後押しする狙いがあったとみられる。

ペンス氏はまた、国境沿いの収容施設に子供を収容する期間の上限を90日とすることにも合意したという。

米国内では、エルサルバドル人父子が米国に向かう途中、リオグランデ川で溺死した悲惨な写真が注目を集め、移民対策支出法案について与野党が合意する緊急性が高まった。

*英文の訂正により、第4段落の「71人」を「95人」に訂正します

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below