February 5, 2018 / 1:39 AM / 4 months ago

ドリーマー問題は未解決だが政府閉鎖の可能性低い=米上院議員

[ワシントン 4日 ロイター] - 米上院民主党のディック・ダービン議員は4日、つなぎ予算が切れる2月8日までに、幼少期に親と米国に不法入国した「ドリーマー」の救済策で議会が合意するとは予想していないものの、この問題を巡って政府機関が再度閉鎖される可能性は低いとの考えを示した。

 2月4日、米上院民主党のディック・ダービン議員(写真)は、つなぎ予算が切れる2月8日までに、幼少期に親と米国に不法入国した「ドリーマー」の救済策で議会が合意するとは予想していないものの、この問題を巡って政府機関が再度閉鎖される可能性は低いとの考えを示した。写真は1月にワシントンで撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

同議員は上院民主党のナンバー2。

政府機関閉鎖を回避するためには、8日までに新たなつなぎ予算で合意する必要があるものの、ドリーマー問題を巡る議会の協議は難航している。

ダービン議員は米CNNの番組で「ドリーマーを巡る合意が8日までに成立する公算は小さいが、われわれは超党派合意を目指し、一日も欠かさずに電話や対面での協議を続けている」と語った。

1月にはこの問題を巡る民主、共和両党の対立でつなぎ予算が失効し、一部の政府機関が3日間の閉鎖に追い込まれていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below