June 20, 2018 / 1:54 AM / 5 months ago

米共和党議員、不法移民の親子分断解決に向け法案策定急ぐ

[ワシントン 19日 ロイター] - 米国境付近で不法入国した親子を引き離して拘束する措置に批判が集まっていることを受け、米共和党議員は19日、問題解決に向けた法案の策定を急いだ。

 6月19日、米国境付近で不法入国した親子を引き離して拘束する措置に批判が集まっていることを受け、米共和党議員は、問題解決に向けた法案の策定を急いだ。マッカーシー院内総務(右)とともに会議を終えたトランプ大統領(左)。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

下院共和党関係者が19日に明らかにしたところによると、下院共和党議員は、不法入国の試みが初めての場合、親が裁判を受ける間は親子を引き離して拘束することを禁止できるよう法案の修正を行っている。

共和党のジョン・コーニン上院議員は、親子分断の問題に対応するための法案を数日以内に可決できることを望んでいると語った。同議員は、これは、数週間や数カ月ではなく、数日以内、できれば今週中に対応できることを望んでいると明らかにした。

トランプ米大統領の移民に対する「ゼロ寛容(zero tolerance)」政策下では、成人の不法入国者は、亡命を求めている人も含めて全員が拘束される。親子で不法入国した場合、子供は親とは別の収容施設に送られる。

トランプ氏はこの日、共和党議員との会合で、下院で審議されている共和党が提出した移民関連2法案について、どちらも支持する考えを伝えた。

トム・コール下院議員によると、トランプ氏は不法移民の親子分断問題については「明らかに良い印象ではない」と述べた。

これより先にトランプ氏はワシントン市内の演説で、現行法では、不法入国して家族を拘束した場合、全員を釈放するか、もしくは親を逮捕して子供を別の施設で保護するしか選択肢がないと説明。家族の分断をなくすため、家族を一緒に拘束して本国に送還する権限を議会が自身に与えることを望んでいると語った。

トランプ氏は、親子分断の問題解決と移民全般に関する法案の可決を結び付けようとしているとみられるが、民主党は法案を通過させるために子供を人質に取っていると批判している。

共和党議員提出の2法案には、野党民主党や移民擁護団体が厳格すぎるとして反発している。両案ともメキシコ国境沿いの壁建設費を予算計上し、永住権を得た移民が祖国から親族を呼び寄せる連鎖移民の下でのビザ配給を抑制する内容となっている。

ボブ・グッドラット下院議員(共和党)が提出した強硬な案では、「ドリーマー」と呼ばれる、幼少期に親と米国に不法入国した若者の市民権取得を否定している。

2法案は数日前までは通過の可能性が低かったが、下院では支持が増えている。不法移民の親子分断を解決するための修正が加えられたことで、法案通過の可能性が高まったかどうかは不明だ。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below