July 11, 2019 / 1:27 AM / 3 months ago

米南部国境で拘留の単身児童は200人、5月から大きく減少=当局者

 7月10日、米国境当局高官は、同日時点で南部国境地帯の施設に収容されている単身の子どもの数が約200人となっており、5月時点の2500人超から大きく減少していることを明らかにした。写真は単身児童の移民収容施設内をスタッフと歩く移民の子供たち。7月にテキサス州カリゾースプリングスで撮影。米保健福祉省提供(2019年 ロイター)

[カリゾースプリングス(米テキサス州) 10日 ロイター] - 米国境当局高官は、10日時点で南部国境地帯の施設に収容されている単身の子どもの数が約200人となっており、5月時点の2500人超から大きく減少していることを明らかにした。政府による越境児童収容予算拡大が奏功しているという。

同高官は記者団との電話会議で匿名を条件に、国境当局者が発見した単身の子どもは全員、72時間以内に保健福祉省(HHS)に引き渡されていると説明。「現在、収容人数が200人程度となっていることは大変前向きだ。HHSに資金が拠出されるようになってから、大きく違っている」と述べた。

議会は6月、国境における(収容)環境改善を目的とする45億ドルの緊急追加資金拠出法案を承認。このうち28億8000万ドルは、単身の子どもの居住と世話の提供に充てられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below