Reuters logo
トランプ氏がドリーマー政策撤廃表明、「われわれは法治国家」
2017年9月5日 / 19:47 / 3ヶ月後

トランプ氏がドリーマー政策撤廃表明、「われわれは法治国家」

[ワシントン 5日 ロイター] - 子供時代、親に連れられ米国に不法入国した若者に一時的に就労許可を与え、強制送還を猶予する政策について、トランプ大統領は5日、撤廃を表明した。

セッションズ司法長官が公表した。「DACA」「ドリーマー」と呼ばれる政策だ。撤廃実施時期は来年3月以降とし、それまでに議会に法制化を委ねる形となった。

国土安全保障省(DHS)高官によると、就労許可が来年3月5日までに失効するDACA取得者は10月5日までに、許可更新の申請が可能だ。

就労許可が失効したDACA取得者は、国外追放処分の対象となるが、入国管理処分で低い優先度に置かれると、政権当局者らは説明した。

トランプ氏は声明で「大半がすでに成人した子供たちを、親の行動で処罰することを好まない。しかし、われわれは法治国家であり、機会を保障する国だという点も認識する必要がある」と述べた。

セッションズ氏は撤廃方針について、「(DACA取得者が)悪い人物だったり、私たちの国家が見下したり、貶めたりしているわけでない」と強調。「国益にかなう入国管理の法制度を保持するには、入国を望むすべての人を受け入れることは不可能だ」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below