Reuters logo
米連邦控訴裁判事、判事批判は「司法制度をむしばむ行為」と発言
2017年3月17日 / 04:07 / 8ヶ月前

米連邦控訴裁判事、判事批判は「司法制度をむしばむ行為」と発言

[ホノルル 16日 ロイター] - イスラム圏7カ国から米国への入国を制限するトランプ米大統領の最初の大統領令の一時差し止めを支持する判断を下した、米連邦控訴裁判所の3人の判事のうちの1人が16日、訴訟当事者が下された判決について判事を攻撃することは、「司法制度をむしばむ行為」と指摘した。

 3月16日、イスラム圏7カ国から米国への入国を制限するトランプ米大統領(写真)の最初の大統領令の一時差し止めを支持する判断を下した、米連邦控訴裁判所の3人の判事のうちの1人が、訴訟当事者が下された判決について判事を攻撃することは、「司法制度をむしばむ行為」と指摘した。写真はワシントンで1月撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

この判事は、第9巡回控訴裁のリチャード・クリフトン判事。ホノルルで開かれた西部州の検事会議で演説した。

クリフトン氏は、「結果が気に入らない時に、審判を批判することは簡単」とした上で、こうした行為は「そのシステムの崩壊を意味する」と、トランプ氏を名指しすることなく語った。

2月9日の控訴裁の同判断を受けて、トランプ氏は「法廷で会おう。わが国の安全保障がかかっている」とツイッターに投稿。記者団に対し、控訴裁の判断は「政治的」と批判した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below