March 2, 2020 / 1:20 AM / 3 months ago

米控訴裁、難民申請者移送制度差し止めの一時停止認める

[28日 ロイター] - 米連邦第9巡回控訴裁判所は28日、メキシコ国境から米国に不法入国し保護申請をした移民をメキシコ側で待機させる制度(MPP)の差し止めを命じた連邦地裁の判断を支持した。

ただ、同裁はその後、差し止め命令によって待機中の移民がメキシコとの国境に押し寄せることになるとして、控訴裁の判断の効力を一時的に停止するよう求めたトランプ政権の申し立てを認めた。

控訴裁の判事らは先に、難民申請者や移民権利保護団体から成る原告団がMPPについて、米移民法や、迫害を受ける危険のある国に難民を送還してはならないとする国際条約における米国の義務に違反していると主張しているのは、妥当と認められる可能性が高いとの判断を示していた。

同制度の下ではこれまで、約5万9000人が米国への難民申請の結果を待つため、国境沿いの危険な地域に移送されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below