July 23, 2019 / 5:56 AM / a month ago

メキシコでまた警官が移民施設に嫌がらせ、州人権委が捜査

 7月22日、メキシコのコアウイラ州で週末、警察が移民に嫌がらせを行い、収容施設を襲撃すると脅迫したことが分かった。州当局責任者と施設長が明らかにした。メキシコではここ数カ月、こうした報告が相次いでいる。写真は移民施設の階段で休憩する中央アメリカからの移民。メキシコのサルティヨで2014年6月撮影(2019年 ロイター/Daniel Becerril)

[メキシコ市 22日 ロイター] - メキシコのコアウイラ州で週末、警察が移民に嫌がらせを行い、収容施設を襲撃すると脅迫したことが分かった。州当局責任者と施設長が明らかにした。メキシコではここ数カ月、こうした報告が相次いでいる。

コアウイラ人権委員会のウーゴ・モラレス委員長は、複数のオンライン投稿と目撃証言から、連邦警察官が20日、北部サルティジョ市の移民収容施設で警官による問題行為があったことを確認したと述べた。

この翌日ポンペオ米国務長官は、6月の関税発動回避合意に基く米国への移民抑制努力についてメキシコを称賛している。

モラレス委員長は、「当局者らが全国の施設で嫌がらせを行っており、残念ながら移民は当局者を信頼できなくなっている」と述べた。

連邦警察と警備隊は、コメント要請に応じていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below