November 21, 2017 / 5:31 AM / 3 months ago

米加州連邦地裁、聖域都市巡る大統領令を恒久的に差し止め

[20日 ロイター] - 米カリフォルニア州サンフランシスコ連邦地裁のオーリック判事は20日、不法移民に寛容な「サンクチュアリ・シティー(聖域都市)」に対する政府補助金の交付を停止するとした大統領令について恒久的な差し止めを命じた。

同判事は4月、大統領令に対する仮差し止めを命じていた。

この裁判では、トランプ大統領が1月25日に署名した聖域都市に関する大統領令は違憲だとして、サンフランシスコ市郡とサンタクララ郡が訴えていた。

オーリック判事は「原告は大統領令が三権分立の原則に違反し、合衆国憲法修正第10条と第5条に規定された権利を奪うことで、憲法上の不利益が生じることを証明した」と述べた。

米司法省からのコメントは得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below