March 5, 2019 / 1:21 AM / in 18 days

欧州経済、投資家の想定よりも急速に減速=エルエリアン氏

 3月4日、独アリアンツの首席経済アドバイザー、モハメド・エルエリアン氏(写真右)は、欧州経済は多くの投資家が想定しているよりも急速に減速しているとの見方を示した。ワシントンで2014年5月に撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 独アリアンツ(ALVG.DE)の首席経済アドバイザー、モハメド・エルエリアン氏は4日、欧州経済は多くの投資家が想定しているよりも急速に減速しているとの見方を示した。

国際通貨基金(IMF)は今年1月、ユーロ圏の2019年経済成長率予想を昨年10月の1.9%から1.6%に引き下げた。

一方、エルエリアン氏は、ユーロ圏経済は19年、1%の成長率を達成することさえ厳しいかもしれない、との見方を示した。

欧州や中国に関するリスクがあるものの、市場が織り込む米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測は行き過ぎだと指摘。「米経済の継続的な底堅さを背景に、FRBは金利見通しにおいてより微妙なメッセージを伝えることを強いられることになり、それは現在市場が織り込んでいる見方と矛盾するかもしれない」と説明した。

一方、一部の株価と債券価格は高過ぎる可能性があると指摘。株価のさらなる大幅上昇は見込んでいないとし、独10年債利回りDE10YT=RRも低下しない限り、米10年債利回りUS10YT=RRが大幅に低下する可能性は低いとの見方を示した。

リスク選好度を大きく引き上げる時期ではないとし、期間が3─4年の債券を選好すると述べた。

欧州の主要5市場(英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア)は、ブレグジットや財政支出などの問題で国内や域内で意見が衝突しており、成長を圧迫していると指摘した。

世界市場にとり欧州が最も大きなリスクで、中国経済の減速、中銀の政策、通商摩擦問題がそれに続くと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below