May 24, 2019 / 5:29 PM / 24 days ago

米、中東へ1500人増派 「イランにタンカー攻撃の責任」

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、中東地域に米兵約1500人を追加派遣すると表明した。軍幹部のマイケル・ギルデー氏はアラブ首長国連邦(UAE)沖で今月起きた石油タンカー攻撃について、イランの「イスラム革命防衛隊(IRGC)」に直接責任があると非難した。

 24日、トランプ米大統領は中東地域に米兵約1500人を追加派遣すると表明した。写真は1月20日撮影。米海軍提供(2019年 ロイター)

ギルデー氏は、攻撃に使われたとされる吸着型機雷がIRGCに直接関連しているとの見方を示した。

また、地域内で脅威を及ぼすイランの新たな「作戦」の存在が、情報収集で浮かび上がったとした。

大統領は訪日のためホワイトハウスをたつ際に、「中東で(部隊を)保護することが望ましいと判断し、比較的少数の部隊を派遣することにした。大半が防御的な人員だ」と語った。

イランとの緊張激化回避を意識して、国防総省の当局者らは増派の防御的側面を強調し、イラクやシリアなどの紛争地域に向かわせないと説明した。

派遣規模は、エジプトからアフガニスタンにわたる地域内に現在駐留する米兵(約7万人)と比べ比較的小さい。

さらに、「追加」派遣要員1500人中約600人はすでに中東に展開中で、駐留期間を延長する。地対空ミサイルシステム「パトリオット」などを扱う。

大統領は 「現在、イランが戦争を望んでいるとは思えないし、われわれを相手に戦う意欲があるとは間違いなく考えられない」と指摘。イラン側は核兵器を持てないということを理解しているとした。

大統領は20日、イランが中東における米国の国益に対して攻撃を仕掛ければ、イランは「大きな報い」を受けることになると警告した。

*情報を追加します

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below