April 24, 2019 / 3:18 AM / a month ago

フランス、イランとの貿易維持に向けた新制度は「順調に進展」

 4月23日、フランス外務省は、イランに対する米国の制裁を回避し、イランとの貿易を継続するため仏英独の3カ国が設置した「貿易取引支援機関(INSTEX)」の仕組みが、順調に進展しているとの見解を示した。写真はイラン国旗。ウイーンで3月撮影(2019年 ロイター/Leonhard Foeger)

[パリ 23日 ロイター] - フランス外務省は23日、イランに対する米国の制裁を回避し、イランとの貿易を継続するため仏英独の3カ国が設置した「貿易取引支援機関(INSTEX)」の仕組みが、順調に進展しているとの見解を示した。

同省はブリーフィングで「導入された仕組みは、最終的な完成を視野にポジティブな進展をみせている。イラン側も同様の進展を遂げる必要がある」とした。

フランスはまた、2015年のイランとの核合意への支持を改めて表明した。

INSTEXでは、イランが石油とガスを輸出し、代わりに欧州連合(EU)から製品を購入するなどの制度が検討されているが、その取り組みはトーンダウンしている。外交筋によると、現実的には、人道支援のための製品や食糧などを対象とした小規模の取引にのみ使われる見通しという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below