April 22, 2019 / 12:14 AM / 3 months ago

イラン産原油の制裁免除、5月2日付で終了へ 米が発表準備=WP

[ワシントン 21日 ロイター] - 米国は22日、イラン産原油を輸入している全ての国に対し、近く輸入を停止するよう求め、停止しない場合は米国の制裁の対象となることを発表する方針だ。米紙ワシントン・ポスト(WP)が21日に伝えた。

米国は昨年11月、トランプ大統領がイラン核合意から離脱したことを受けてイランの原油輸出に対する制裁を復活させた。ただ、日本や中国、韓国、インドなど一部については6カ月間、制裁の適用除外を認めた。

WPのコラムニスト、ジョシュ・ロギン氏が米国務省当局者2人の情報として伝えたところによると、ポンペオ国務長官は22日に、「5月2日付で、国務省は現在イランから原油やコンデンセートを輸入している国に制裁免除を認めない」と発表する見通しという。

ロイターはこの報道を独自に確認できていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below