May 2, 2019 / 2:58 AM / 3 months ago

米国の対イラン制裁、消費国に悪影響=カタール外相

[ドーハ 1日 ロイター] - カタールのムハンマド外相は1日、米国がイラン産原油輸出に対する制裁適用除外を延長しないと決定したことについて、イラン産原油供給に依存する消費国に悪影響をもたらすとの見解を示した。

米国はイラン産原油輸入国に対し、5月1日までに輸入を停止するよう求めた。

ムハンマド外相は当地で行われた記者会見で、「イラン産原油の恩恵を受けている消費国に悪影響が及ぶため、制裁を続けるべきではない」と強調。さらに「カタールは一方的な制裁措置が危機的状況にプラスの影響をもたらすとは思わない。対話を通じ、対話だけで解決しなければならない」と訴えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below