November 6, 2018 / 6:11 PM / in 15 days

米のイラン制裁、原油市場への影響は限定的に=アナリスト

[アブダビ 6日 ロイター] - アブダビ投資庁(ADIA)やシティグループのアナリストは、原油の供給過剰状態を踏まえ、米国の対イラン制裁による原油市場への影響は限定的にとどまる公算が大きいとの認識を示した。

サウジアラビアやロシア、米国のほか、カナダ、ブラジル、中東諸国などの原油生産能力は、世界供給を確実にする上で十分と指摘した。

ただ、イランの生産能力は、投資が圧迫されることで打撃を受ける可能性があると指摘した。

原油価格については、冬期にかけて1バレル=80ドル近辺で推移し、北海ブレントは2019年末時点で64─65ドル近辺に下落すると予想した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below