March 27, 2020 / 2:22 AM / 9 days ago

米、イランの企業・個人に追加制裁 新型コロナ流行でも圧力維持

 3月27日、米政府は26日、テロ組織を支援したとして、イランとイラクに拠点を置く企業5社と個人15人を制裁対象に追加指定した。写真はアメリカ合衆国議会議事堂のドームで1月撮影(2020年 ロイター/TOM BRENNER)

[ワシントン 26日 ロイター] - 米政府は26日、テロ組織を支援したとして、イランとイラクに拠点を置く企業5社と個人15人を制裁対象に追加指定した。イランでは新型コロナウイルス感染が拡大しているが、過去2週間で3回目の追加制裁となった。

米財務省は声明で、これらの企業や個人はイランのイスラム革命防衛隊やその精鋭「コッズ部隊」を支援し、イラク拠点の「カタイブ・ヒズボラ」など親イラン武装勢力に軍事物資を輸送したと主張。米国はこれらの部隊・勢力を全て、テロ組織に指定している。

米国防総省は、今月11日にイラクの基地にロケット弾が撃ち込まれ、米軍兵士2人と英軍関係者1人が死亡した事件について、カタイブ・ヒズボラの犯行と断定している。

イランでは新型コロナ感染による死者が2234人に達しているが、米政府当局者は制裁を堅持する考えを示している。

イランのザリフ外相はツイッターへの投稿で「米国は『永遠のパンデミック』を求めているのか」と批判し、米制裁の順守をやめることが道徳的に求められているとした。

トランプ米政権が2015年イラン核合意離脱後に再開した対イラン制裁は、人道的支援が適用除外となっているが、多くの企業は人道的物資についてもイランとの取引を控えている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below