for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、イランの金属企業4社と鉄鋼最大手の海外子会社4社に制裁

 6月25日、米財務省は25日、イランの金属メーカー4社と、イラン最大の鉄鋼メーカーであるモバラケ・スチールの海外子会社4社をブラックリストに掲載したと発表した。写真は2015年7月、オーストリアのウィーンで撮影(2020年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米財務省は25日、イランの金属メーカー4社と、イラン最大の鉄鋼メーカーであるモバラケ・スチールの海外子会社4社をブラックリストに掲載したと発表した。

これらの企業は、すでに制裁対象となっているモバラケの製品を販売することで、イランの鉄鋼、アルミニウム、銅、鉄鉱石部門に多額の利益をもたらしているという。

ムニューシン財務長官は、声明で「イラン政権は金属メーカーと海外の販売会社から得た利益を引き続き、世界の安定性を損なう行動に利用している」と述べた。

米国は2018年にイラン核合意から離脱して以降、イランの資金源を断つことを目指している。

今回発表された制裁の対象となるのは、モバラケ・スチールの子会社でドイツを拠点とするタラ・スチール・トレーディング、アラブ首長国連邦(UAE)を拠点とするパシフィック・スチールFZE、ベター・フューチャー・ジェネラル・トレーディングおよび、Tuka Metal Tradingなど。

このほか、サウス・アルミナム・カンパニーやSJSCOなど、イランの金属メーカーも対象となった。

これらの企業は米国内の資産が凍結されるほか、米国人との取引が禁止される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up