for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米海軍第7艦隊司令官、日豪の円滑化協定の大枠合意を歓迎

[東京 19日 ロイター] - 米海軍第7艦隊のウィリアム・マーズ司令官は、日豪が防衛協力を強める「円滑化協定(RAA)」締結で大枠合意したことに歓迎の意を表明した。

菅義偉首相と来日したオーストラリアのモリソン首相は17日会談し、自衛隊とオーストラリア軍が訓練のために相互訪問する際などの法的枠組みを定める円滑化協定に大枠で合意した。

司令官はブリーフィングで「このような協定は非常に有意義で、地域の全関係者を勇気付けるものだ。われわれは同協定を強く支持しており、日豪との演習を待ち望んでいる」と述べた。 第7艦隊は日本に司令部を置く。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up