for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、日本と鉄鋼・アルミ関税巡り協議へ

米政府は12日、日本と鉄鋼・アルミニウム関税を巡る協議を開始すると発表した。2007年1月撮影(2021年 ロイター/Yuriko Nakao)

[ワシントン 12日 ロイター] - 米政府は12日、日本と鉄鋼・アルミニウム関税を巡る協議を開始すると発表した。

米商務省と米通商代表部(USTR)によると、協議は「鉄鋼とアルミニウムの世界的な過剰生産能力」への対応を目的に行われる。

日本は先週、トランプ前政権が「通商拡大法232条」に基づいて2018年に発動した関税措置の撤廃を要請した。

レモンド商務長官とタイUSTR代表は15日に来日する予定。

米政府は、日米両国が232条の関税措置をめぐる懸念に加えて、鉄鋼・アルミニウムの過剰生産能力に対処する方策を探る、としている。

全米商工会議所の国際問題担当責任者、マイロン・ブリリアント氏は「日本や韓国、英国との間で、関税撤廃に向けて進めることが必要だ」とした。米政府の動きは歓迎するとし、「米国の重要な同盟国や貿易相手国との関係で、このような障害を軽減することは非常に重要」と述べた。

米国は10月31日、欧州連合(EU)との間で、鉄鋼・アルミニウム製品について、トランプ前政権が制裁関税を導入した2018年以前の輸出量相当には輸入関税をかけないことで合意している。[nL4N2RR0YI]

レモンド商務長官は、この合意により鉄鋼を輸入する米国メーカーのコストが削減されるとした。

*内容を追加します

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up