August 2, 2019 / 8:52 PM / in 20 days

日米閣僚協議が終了、月内に再交渉 茂木氏「議論かなり前進」

8月2日、日米両政府の閣僚級による貿易交渉は米ワシントンで2日間の協議を終えた。茂木敏充経済再生担当相は「議論をかなり前に進めた」と評価した上で、月内に再度、閣僚協議を行うことで一致したと明らかにした。写真は2015年4月、ワシントンで(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 2日 ロイター] - 日米両政府の閣僚級による貿易交渉は2日、米ワシントンで2日間の協議を終えた。茂木敏充経済再生担当相は「議論をかなり前に進めた」と評価した上で、月内に再度、閣僚協議を行うことで一致したと明らかにした。

茂木氏は記者団に対し、早期妥結の必要性をライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と共有したと述べた上で「互いの立場の溝はかなり埋まってきた」と強調。月内の合意は可能かとの質問には「今後の交渉次第だが、協議が進展していることは間違いない」と語った。

今月仏ビアリッツで開催される主要7カ国首脳会議(G7サミット)の場で日米首脳が合意するかについてはコメントを控えた。農産物や自動車での進展具合についても明言を避ける一方、米国側に一定程度譲歩する姿勢がうかがえるとも明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below