for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バーマン米NY検事、辞任を発表 民主党は政権の司法介入調査へ

 6月20日、米ニューヨーク州南部地区のジェフリー・バーマン連邦検事は、辞任する意向を示した。米ニューヨークで2019年7月撮影(2020年 ロイター/Andrew Kelly)

[ワシントン/ニューヨーク 20日 ロイター] - 米ニューヨーク州南部地区のジェフリー・バーマン連邦検事は20日、辞任する意向を示した。同地区の検察は金融犯罪や政治汚職などの大型案件を手掛けることで知られているほか、トランプ米大統領に近いジュリアーニ元ニューヨーク市長の捜査も行っている。野党・民主党は、トランプ政権の司法介入の疑いがあるとし、調査する方針を示した。

バー司法長官は19日、バーマン氏の辞任を突然発表し、後任に米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長を指名すると明らかにした。

一方、バーマン氏は声明を発表し、上院が後任を承認するまで辞任する意向なないとし、ニューヨーク州南部地区が行っている捜査も継続すると説明した。

バー氏は当初、クレイトン氏が上院で承認されるまで、ニュージャージー州のクレイグ・カルペニート連邦検事が代行を務めると説明していた。ただ、20日には、バーマン氏へ宛てた書簡で、カルペニート氏を充てる考えを撤回し、オードリー・ストラウス連邦次席検事を代行にするとした。

バー氏は書簡で、バーマン氏が辞任を拒んだことに「驚き、かなり失望した」と述べ、「公職よりも一般の関心を集めることを優先した」とバーマン氏を批判した。

トランプ氏はフォックス・ニュースとのインタビューで、人事に関してバー氏の要請を受け入れたと述べ、バーマン氏がジュリアーニ氏の捜査を担当していることは知らなかったが、最近何かで読んだと説明した。

バー氏は、なぜバーマン氏の解任を望んでいたかに言及していたかとの質問にトランプ氏は「そのことについて話す時間はほとんどないが、バー司法長官のことは尊敬している」と語った。

民主党のペロシ下院議長は、不適切な動機による解任の疑いがあると指摘。上院司法委員会の民主党トップ、ダイアン・ファインスタイン議員は、共和党のグラム委員長に司法介入の疑いがあるとして、調査を開始するよう要請した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up