for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テキサスなど18州、石油パイプライン建設認可取り消し巡り政権提訴

 3月17日、バイデン米大統領(写真)がカナダの油田と米メキシコ湾岸の製油所を結ぶパイプライン「キーストーンXL」の建設認可を取り消したことを巡り、テキサス州など米国の複数の州が政権を提訴した。写真はワシントンで撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)

[17日 ロイター] - バイデン米大統領がカナダの油田と米メキシコ湾岸の製油所を結ぶパイプライン「キーストーンXL」の建設認可を取り消したことを巡り、テキサス州など米国の複数の州が政権を提訴した。テキサス州のパクストン司法長官が17日夜に明らかにした。

訴状は、米議会が決定したエネルギー政策を変える一方的な権限はバイデン氏にはないと主張している。

訴訟はテキサス州連邦地裁で起こされ、テキサス州司法長官のほか、モンタナ州のクヌーセン司法長官が提起。アラバマ、アーカンソー、ジョージア、インディアナ、ケンタッキー、ルイジアナ、ミシシッピ、ミズーリ、ネブラスカ、ノースダコタ、オハイオ、オクラホマ、サウスカロライナ、サウスダコタ、ユタ、ワイオミング各州の司法長官も参加した。

ロイターはホワイトハウスにコメントを求めたが、現時点で回答はない。

各州は訴状で「キーストーンXLの建設認可を取り消す大統領の一方的な決定は、批准時に州が合意した憲法の構造に反する」などとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up