Reuters logo
アングル:米で「植物性肉」人気、本物そっくりで消費者つかむ
2017年8月13日 / 00:34 / 4ヶ月前

アングル:米で「植物性肉」人気、本物そっくりで消費者つかむ

Theopolis Waters

 8月3日、動物性の肉の代わりに、見た目も食感も肉そっくりな「植物由来の肉」を使ったハンバーガーが、夏のバーベキューシーズン真っ盛りの米国で人気を博している。写真はグリルで焼かれるベジバーガー。米コネチカット州で6月撮影(2017年 ロイター/Adrees Latif)

[シカゴ 3日 ロイター] - 動物性の肉の代わりに、見た目も食感も肉そっくりな「植物由来の肉」を使ったハンバーガーが、夏のバーベキューシーズン真っ盛りの米国で人気を博している。まだまだニッチな製品だが、世界の市場規模は2020年までに50億ドル(約5500億円)に達するとみられている。

植物性の原料で作った肉の代替品は昔から売られていたが、最近では野菜のビーツを使って肉色に着色し、カノーラ油で肉の脂のようなジューシーさを加えるなどして、本物の肉と区別がつかないほどの製品が登場している。

こうした「進化」は消費者の心をつかんでいるだけでなく、食肉加工最大手の1つタイソン・フーズ(TSN.N)の関心も呼んだ。

タイソンは昨年10月、植物性肉メーカーの「ビヨンド・ミート」(カリフォルニア州)に5%出資した。タイソンのトム・ヘイズ最高経営責任者(CEO)は、植物性タンパク源の需要は、動物性タンパク源よりもやや早いペースで伸びていると述べた。

シカゴ西郊の小さな教会で最近開かれたバーベキューの会でも、こうした傾向は明らかに見てとれた。

バーベキューグリル5台で、定番のスペアリブやソーセージ、ホットドッグと並んで、ベジ(野菜)バーガーが焼かれていた。教会メンバーのダグ・パーカーさんによると、ベジタリアンの食品は、子どもや若者の肥満対策として2年前から使うようになった。

「ライフスタイルを変えないといけなかったが、ベジバーガーは大好きだ。昔のものは野菜みたいな味がしたが、今は全然違う」と、8年前に糖尿病と診断され、肉を食べる量を減らしたというパーカーさんは言う。

米国で、5月初旬から9月までの夏のバーベキューシーズンは、祝日が3日入ることもあり、ハンバーガーやスペアリブ、ステーキ、そして今では、ベジバーガーのような肉の代替製品の売り上げが伸びる時期だ。

調査会社ニールセンによると、小売肉の2016年売上高の約764億ドルのうち、約237億ドルがこの期間に売れた。

 8月3日、動物性の肉の代わりに、見た目も食感も肉そっくりな「植物由来の肉」を使ったハンバーガーが、夏のバーベキューシーズン真っ盛りの米国で人気を博している。写真は米カリフォルニア州で2016年10月に開かれた植物性肉のハンバーガー試食会(2017年 ロイター/Beck Diefenbach)

<変化の触媒>

シカゴの消費者リサーチ会社テクノミックによると、肉の代替食品メーカーがターゲットにしているのは、18─50歳のミレニアル世代やジェネレーションXと呼ばれる世代だ。この世代の消費者は、より食べ物に気を遣い、選んだ物が高価格でも買う傾向があると、植物性食品協会のミシェル・サイモン氏は言う。

ニールセンのデータによると、ミレニアルとジェネレーションXの世帯は、米国で昨年肉消費に使われた総額の45%を支払っていた。

「植物性肉の会社は、(肉など)動物性タンパク質を食べる人の中でも、次の世代を狙っている。こうした世代が、変化を引き起こしつつある」と、テクノミックのデービッド・ヘンクス氏は言う。

肉の代替食品の市場は、2020年までに52億ドル規模になると、オレゴン州のアライド・マーケット・リサーチ社は予測する。2015年比で8・4%増だ。ビヨンド・ミートのほか、食品大手ケロッグ(K.N)傘下のモーニングスター・ファームズなど米企業が市場をけん引している。

植物性肉のメーカーは、これまで「肉好き」だった人を完全に転向させようとしているのではなく、両方が併存する世界を目指している。

「肉のバーガーを追い落とそうとしているのではない。その隣に、われわれの場所を作りたいというだけだ」と、ケロッグのメル・キャッシュ氏は言う。

ビヨンド・ミートは、スーパーマーケット大手のセーフウェイやクローガーと交渉し、植物性のハンバーガー用パテを、本物のひき肉製品売り場に並べてもらった。

イーサン・ブラウンCEOは、牛ひき肉で作ったバーガーと、同社の植物性バーガーには、まだ差があると認めた。その上で、同社の研究者は、差を縮めつつあると話す。

「10年以内に、動物はすっ飛ばして、(市場に流通する)肉を完全に植物だけで作れるようになるかというと、それは非現実的だ」と、ブラウン氏。

「だが、今われわれがやっている研究の先行きは非常に明るいと思う。将来的に、最高級の肉に引けを取らない植物性の肉を作れるようになるのに、大きな障害はないと思う」

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below