for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

超高速取引で「先回り」の証拠希薄、米大学教授がデータ分析

 7月29日、米カリフォルニア大学バークレー校の2人の教授が、株式の超高速取引トレーダーに売買注文で「先回り」される一般の小口投資家が不利益を被っている、というマイケル・ルイス氏の著書「フラッシュ・ボーイズ」の主張は少なくとも現在は妥当ではないと結論を下した。NY証券取引所で6月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 株式の超高速取引トレーダーに売買注文で「先回り」される一般の小口投資家が不利益を被っている、というマイケル・ルイス氏の著書「フラッシュ・ボーイズ」の主張は少なくとも現在は妥当ではない──。米カリフォルニア大学バークレー校の2人の教授が、最新データを詳しく分析調査した結果、こうした結論を下した。

通常のデータ供給に頼っている市場参加者を超高速トレーダーが出し抜く構造的な要因があるという一般的な見方に異を唱えたのは、ロバート・バートレット、ジャスティン・マクラリー両教授。

バートレット氏は、フラッシュ・ボーイズが掲げた2つの理論は実際に証明されていないと指摘。1つ目のマーケットメーカーが最適な価格を提供しないことで顧客を欺いているという考え方は「正しくないことが分かった」と述べた。さらにもう1つの超高速トレーダーがより素早く売買注文情報を入手して一般に出回るよりも前に取引を執行しているという説も「現実には起きていない」という。

このため両教授による調査では、SIPと呼ばれるシステムを通じてより遅いスピードで供給される価格情報を用いる投資家が、不利な立場に置かれている証拠は乏しいことが判明した。

調査は9カ月にわたってダウ工業株30種の気配値と取引のデータを分析した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up