August 24, 2018 / 7:22 PM / a month ago

マケイン米上院議員、脳腫瘍の治療を停止

[ワシントン 24日 ロイター] - 米共和党の重鎮で療養中のジョン・マケイン上院議員(81)が脳腫瘍の治療を停止したと、家族が24日発表した。

 8月24日、米共和党の重鎮で療養中のジョン・マケイン上院議員(81)が脳腫瘍の治療を停止したと家族が発表した。写真は昨年7月撮影(2018年 ロイター/Aaron P. Bernstein)

家族は「ジョンは予期されていた余命を超えて生きている」とした上で、「悪性膠芽腫(こうがしゅ)」の進行と年齢を踏まえ、マケイン氏が「持ち前の強い意志で治療を停止することを決めた」と明らかにした。

マケイン氏は昨年7月に膠芽腫の診断を受けた後、自宅で療養を続けており、今年に入ってからはワシントンDCには足を運んでいない。

率直に意見を述べると定評があるマケイン氏はトランプ大統領を批判するなど、両者の間に確執があったことは広く知られている。関係筋によると、マケイン氏は自身の葬儀にトランプ大統領を招かない意向を示していたという。

*カテゴリーを追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below