August 28, 2018 / 6:06 AM / 3 months ago

米上院軍事委員長、マケイン氏の後任は親トランプ派インホフ氏か

 8月27日、米共和党の重鎮でトランプ大統領に批判的だったジョン・マケイン上院議員の死去を受け、同氏が務めていた上院軍事委員会の委員長は一転、トランプ大統領を強く支持するジェームズ・インホフ上院議員(83、写真)に交代する可能性がある。ワシントンで3月撮影(2018年 ロイター/JOSHUA ROBERTS)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米共和党の重鎮でトランプ大統領に批判的だったジョン・マケイン上院議員の死去を受け、同氏が務めていた上院軍事委員会の委員長は一転、トランプ大統領を強く支持するジェームズ・インホフ上院議員(83)に交代する可能性がある。

専門家はインホフ氏が軍事委トップに就任した場合、国防総省に対するチェックが甘くなる可能性があると指摘している。

マケイン氏が25日に死去した後、後任人事は発表されていない。だが、軍事委の共和党ナンバー2としてマケイン氏の不在時に委員会の会合や公聴会で議長を務めたインホフ氏が、数週間以内に委員長に昇格する見通しだ。

2016年の米大統領選でトランプ氏の得票率が65%だったオクラホマ州選出のインホフ氏は、共和党の伝統的な保守派の1人とされ、トランプ大統領と対立する可能性はマケイン氏よりも低いとみられている。

上院軍事委トップの交代がもたらす影響は大きい。同委員会は総額7000億ドルを超える国防総省予算の方針を決め、米軍の広範なポストの候補者を審査するほか、マケイン委員長の下では国防支出に無駄がないか監視する役目を果たしていた。

インホフ氏の広報担当者も共和党上院指導部の側近も、軍事委員会の人事に関わるコメントの求めに応じていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below