May 28, 2019 / 12:22 AM / 3 months ago

米戦没者追悼の日、過酷なトレーニングで退役軍人の支援金集め

 米国で今年の「メモリアルデー」(戦没者追悼の日)となった27日、過酷なトレーニングを行って退役軍人の支援金を集めるチャリティーイベント「マーフ・チャレンジ」が開催された(2019年 ロイター)

[27日 ロイター] - 米国で今年の「メモリアルデー」(戦没者追悼の日)となった27日、過酷なトレーニングを行って退役軍人の支援金を集めるチャリティーイベント「マーフ・チャレンジ」が開催された。

この名称は、米海軍特殊部隊「ネイビー・シールズ」の一員としてアフガニスタン紛争での「レッド・ウィング作戦」に参加し、2005年に戦死したマイケル・P・マーフィー大尉の名前から来ている。

チャレンジに参加した米国人らは、20ポンド(約9.1キログラム)の重さのベストや防弾チョッキを着て、ランニング1マイル(1.6キロメートル)、懸垂100回、腕立て伏せ200回、スクワット300回、仕上げにランニングもう1マイルを行い、腕試しをした。

イベントはミズーリ州ジャクソン郡にあるジム「クロスフィット」の主催で、マーフィー大尉を称えるとともに、退役軍人の自殺を防止する団体「ミッション22」の資金を集めるために行われた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below