December 29, 2019 / 12:44 AM / 7 months ago

米・メキシコが通関協力を検討 バー司法長官が来月訪問

 12月27日、米国のクリストファー・ランドウ駐メキシコ大使(写真)は、両国国境を越えて取引される違法な武器、麻薬、資金の取り締まりを強化するため、米がメキシコと税関業務で協力する方策を検討していると語った。写真は11月、メキシコ市内で撮影(2019年 ロイター/Luis Cortes)

[メキシコ市 27日 ロイター」 - 米国のクリストファー・ランドウ駐メキシコ大使は、両国国境を越えて取引される違法な武器、麻薬、資金の取り締まりを強化するため、米がメキシコと税関業務で協力する方策を検討していると語った。

同氏によると、協力策を話し合うため、ウィリアム・バー米司法長官が来年1月に再度メキシコを訪問する見通しだ。同長官は今月初めにもメキシコでロペスオブラドール大統領らと会い、治安、武器密輸、マネーロンダリングなどの問題を話し合っている。

同大使はメキシコ財務省当局者と面会、実りある話し合いだったと述べるとともに、「(両国の)通関業務を一体化できるかどうか、それが見極めたい点だ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below