October 10, 2018 / 3:08 AM / 10 days ago

18年度の米軍装備品輸出、前年度比33%増の556億ドル=当局者

[ワシントン 9日 ロイター] - 2018会計年度(9月末まで)における米軍装備品の外国政府への輸出額が、前年度比33%増の556億ドルとなった。当局者が9日、ロイターに明らかにした。

 10月9日、2018会計年度(9月末まで)における米軍装備品の外国政府への輸出額が、前年度比33%増の556億ドルとなった。写真はトランプ米大統領。アイオワで撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

トランプ政権は4月、米国製武器輸出の拡大と大型化を狙って新たな「バイ・アメリカン(米国製品を買え)」政策を導入。これにより、軍事関連輸出の規制が緩和されるとともに、米国産兵器輸出において当局者がより大きな役割を果たすよう求められている。こうした背景から、兵器の輸出契約が増加しているという。

外国政府が米国の兵器を購入するには主に、各政府が企業と直接交渉する直接商業売却(DCS)と、通常は各国の首都にある米大使館の国防総省当局者を通じて行われる対外有償軍事援助(FMS)があり、ともに米政府の承認が必要。

18年度中議会に提出されたFMSは、前年度をやや下回る約700億ドル。このうち556億ドルが米国と同盟国の間で調印されたFMS契約だった。

ロッキード・マーチン(LMT.N)とレイセオン(RTN.N)製のパトリオット・ミサイル防衛システムをポーランドとルーマニアが購入するなど、多数のミサイル関連契約が調印された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below