for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米警官の黒人射殺は「誤射」、ミネアポリスに夜間外出禁止令

[ブルックリンセンター(米ミネソタ州) 12日 ロイター] - 米ミネソタ州ミネアポリス近郊で11日に黒人男性が警官に射殺された事件について、警察は12日、対応した警官がテーザー銃と拳銃を間違えたために発生した「事故」だったと説明した。

死亡したのはダンテ・ライトさん(20)で、事件が発生した同州のブルックリンセンターでは抗議活動が繰り広げられた。ミネアポリス近郊は昨年全米に広がった人種差別抗議デモのきっかけとなった黒人暴行死事件があった場所で、緊迫した状況が続いている。

こうした事態を受けワルツ・ミネソタ州知事は、ミネアポリスとセントポールを含む地域に現地時間12日午後7時から13日午前6時までの外出禁止令を発令した。

ブルックリンセンターのテイム・ガノン警察署長は記者会見で、自動車登録の期限が切れていたためライトさんの車を止めたところ、既に逮捕状が出ていることが分かったと説明。会見で公表されたビデオ録画には、警官が車の横で手錠をかけようとしたところライトさんが車内に戻り、別の警官が「テーザー、テーザー」と叫んだ後に拳銃が一発発射され、「しまった、撃ってしまった」という音声が記録されている。

ガノン署長は「誤射がライト氏の悲劇的な死につながってしまった」と述べた。

拳銃を発射した警官は女性警官で、氏名は公表されていない。ブルックリンセンターのエリオット市長は解雇を求めている。

バイデン大統領はこの事件に関して「完全な調査」を要請した。 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up