June 25, 2019 / 8:27 PM / 20 days ago

来月の50bp利下げ予想低下、セントルイス連銀総裁発言受け

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 25日の米金利先物相場で、来月の50ベーシスポイント(bp)利下げ予想が後退した。セントルイス地区連銀のブラード総裁が、次回連邦公開市場委員会(FOMC)で50bpの利下げは不要との認識を示し、材料視された。

CMEグループのフェドウォッチプログラムによると、米国時間の取引で金利先物が織り込む来月50bpの利下げ予想確率は36%と、前日終盤の42%から低下した。

25bpの利下げ予想確率は64%と、前日終盤の57%から高くなった。

ブラード総裁はブルームバーグTVとのインタビューで「現状を踏まえると、50bpの利下げは行き過ぎと感じる」とし、「50bpの利下げが必要な状況にあるとは考えていない。しかし、25bpの利下げには前向きになるだろう」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below