February 15, 2019 / 3:57 AM / a month ago

米30年住宅ローン金利、12カ月ぶり低水準=フレディマック

 2月14日、米連邦住宅抵当貸付公社(フレディマック)によると、14日終了週の30年固定住宅ローン金利は平均で4.37%と、前週の4.41%から低下し、2018年2月8日終了週(4.32%)以来12カ月ぶりの低水準となった。写真は新しい家の建築現場。カリフォルニア州 で2014年9月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米連邦住宅抵当貸付公社(フレディマック)によると、14日終了週の30年固定住宅ローン金利は平均で4.37%と、前週の4.41%から低下し、2018年2月8日終了週(4.32%)以来12カ月ぶりの低水準となった。

景気減速や低インフレが続くとの見方を受けて米国債利回りが低下したことが背景。

14日中盤の米国債10年物利回りUS10YT=RRは2.661%。昨年10月には3.26%と7年半ぶりの高水準を記録していた。

30年住宅ローン金利は昨年11月初旬には4.94%と、2011年3月以来の高水準に上昇していた。

フレディマックのチーフエコノミスト、Sam Khater氏は「住宅市場は過去9カ月間明らかに軟調で、昨年の金利上昇の影響もまだ感じられるが、ローン金利の低下と好調な雇用市場を背景に、春の住宅購入シーズンには需要が再び拡大するだろう」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below