May 25, 2018 / 2:38 AM / 5 months ago

米30年住宅ローン金利上昇、7年ぶり高水準=フレディマック

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米連邦住宅抵当貸付公社(フレディマック)によると、24日終了週の30年固定住宅ローン金利は4.66%に上昇し、2011年5月初めの週以来、7年ぶりとなる高水準を記録した。前週は4.61%だった。

 5月24日、米連邦住宅抵当貸付公社(フレディマック)によると、24日終了週の30年固定住宅ローン金利は4.66%に上昇し、2011年5月初めの週以来、7年ぶりとなる高水準を記録した。写真は同本部。バージニア州マクリーンで2008年7月撮影(2017年 ロイター/Larry Downing)

国債市場では、米中貿易摩擦やイタリア政局、トルコ経済を巡る懸念から米国債利回りが数年ぶりとなる高水準から下落している。

フレディマックのチーフエコノミスト、サム・ケイター氏は、年初からの住宅ローン金利上昇により、一部の住宅所有者が物件の売却をためらい、住宅在庫のタイト化が一段と進む可能性があると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below