for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米住宅ローン申請指数が4年ぶり低水準、金利上昇

* 米住宅ローン申請指数(季節調整後、新規購入・借り換えを含む)は322.1、前週は346.7=米抵当銀行協会

* 新規購入向けローン申請指数は224.0、前週は238.0=米抵当銀行協会

* 借り換え向けローン申請指数は838.1、前週は921.2=米抵当銀行協会

* 30年住宅ローン金利平均(固定、手数料除く)は5.10%、前週は5.05%=米抵当銀行協会

[17日 ロイター] - 米抵当銀行協会(MBA)が発表した12日終了週の住宅ローン申請指数(季節調整後)は7.1%低下の322.1で、2014年12月下旬以来約4年ぶりの低水準を記録した。低下幅も過去約1年間で最大となった。

30年コンフォーミング・ローン金利(固定)は0.05%ポイント上昇の5.10%と、2011年2月以来の高水準。コンフォーミング・ローンは、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)や連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の保証が付く住宅ローン。

借り換え向けローン申請指数は9%低下の838.1。2000年12月以来の低水準となった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up